学校 映画 山田洋次

学校の映画動画無料視聴情報を掲載しています。山田洋次監督の『学校』は全4作品あり、それぞれちがった世代、立場が通う学び舎の様子を描いており1つでちゃんと完結しています。なので、どこから見ても大じょうぶです。

1は夜間学校、2は養護学校、3は職業訓練校、4は旅で学ぶ感じです。10代の若い世代は4、20代以降は1,2、30代以降は3が自分と照らし合わせやすいかとおもいます。現在>>Huluで全て見放題になっています。

わたしはシリーズの中でも3が一番好きです。学校3では西田敏行の先生はでてきません。主役のシングルマザーを演じるのは大竹しのぶさん。演技が素晴らしいです。普段のバラエティの顔とはまったく違う大竹しのぶさんを観ることが出来ます。

大竹しのぶさん演じる主人公はリストラにあってしまったシングルマザー。息子は障碍者。とにかく仕事を見つけなくてはいけません。そこで資格をとるために職業訓練校に通い始めます。山田洋次監督のシリアス路線のシリーズもの「学校」。その三作目は、職業訓練校が舞台になっています。

タイトルは学校ですが、職業訓練校ですから、夜間学校を舞台にした一作目、二作目とは雰囲気がまったく違います。生徒として通ってくる人たちは、会社をクビになった人や、工場がつぶれた人、お店がやっていけなくなった人など、のきなみ元気がありません。この中高年受難の時代に、働くこと意味を問い直そうという真面目な作品です。職業訓練校内ではじまる恋愛に関しても複雑で深く、見応えがあります。

明日は我が身かもしれませんから、観ることをお勧めします。中高年の再就職は、新卒の就活より過酷ですね。観ていて楽しいという映画ではありませんが、これはこれで考えさせらられる映画です。

コメントは受け付けていません。